スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本棚用バナー

マイページ用のバナー

本棚バナー

アルバム用バナー

k_photo.gif

blog用バナー

blog_bn.png




スポンサーサイト

真田美羽について語ってみる

【登場作品】
【ムーンライトノベルズ】恋と愛とで抱きしめて
【小説家になろう】お花屋さんとお巡りさん

私が書いたお話の中で最強の人物です、色々な意味で。

どうしてそんな最強になってしまったのかは正直言って考えていません、恐ろしくて(゚∀゚)
多分お父さん関係の人脈をあの調子で丸め込んで勝手に拝借した結果ではないかと。特命係の杉下さんかよ(゚∀゚)。

幼少の頃から活発なお嬢さんでした。
お花屋さんのお留守番はちゃんとしていたましたが興味があるのはもっぱらお父さんのお仕事関係。
だからもしかしたら警察官になるかもしれないと両親には思われていたかもしれません。
それがまさかの医学部。だけど法医学の道に進みたいと聞いて「やっぱり」と納得されたのは間違いない(笑)

そして外見とは正反対の男勝りなみゅうさんも一つ年下の奈緒と出会ってからは間違った方向に母性本能が爆発したみたいです。本人も奈緒もまったく気が付いていませんけど信吾さんと奈緒が出会うまでにかなりな数の被害者が出たのでは。

信吾さんのことは「おじさん」と呼んでいます。
そして旦那さんになったのは信吾さんの元同期の門田さん。
「こいつのこともおじさんと呼べ」と言われても「私はなおっちより一つ年上だから十六しか離れてないの」と取り合いません。
信吾さんがこの世で勝てない人間の一人。

ただそんなみゅうさんも両親のラブラブっぷりには勝てません。


榎本雄介について語ってみる

【登場作品】
【ムーンライトノベルズ】貴方は翼を失くさない
【小説家になろう】恋花事情・空と彼女

最初は姫ちゃんの上官で社君が乗っているF-2の機付長ぐらいの設定でした。
最初から社の指導教官をしていたと書いているので元パイロットという設定はあったんですが、パイロットからどうして整備員になったのかというところは漠然としか考えてなくて彼と奥さんの話を書くことでしっかりと決めたという感じです。

三十代の時と五十代の時と年齢のこともあるのですが「貴方は翼を失くさない」と「空と彼女」で印象がガラリと変わった人です。
最初は何て言うかハガレンのヒューズ中佐を更にオッサンにしたイメージだったんですけどパイロットの話を書いている時はもう少しスマートな感じになってます。

奥さんとなるちはるとは飛行教導隊に転属となりそこで壁にぶち当たって悩んでいる時に出会いました。
実際どうして自分が選ばれた?という気持ちもあり、本人は自分よりも同期の葛城の方が相応しいのでは?と悩んだりもしていた模様(実際、日下部三佐はここの連中を根こそぎと思っていたふしがあります)。

実家は小松基地の近くで小さい頃から飛行隊のイーグルが飛ぶのを眺めていました。
航空学生になると操縦技術だけではなく工学的な知識も学ぶので、本人の努力もあったでしょうがその時に整備員になる基礎が出来上がっていたと思われます。
なので岐阜基地で試作機のテストをしながら再び勉強をしながら「あの時に真面目に聞いておいて良かった(゚∀゚)」と思っていた筈。

イーグルを降りるきっかけとなる出来事ですが事故にするか事件にするか結構悩みました。教導隊に所属していたことと本人がああすれば避けられたのでは?こうすれば良かったのでは?と後を引かないようにするには突発的な事故が一番かなと思いあのようなことに。

ちはるのことは奥さんとして愛しているのは当然ですが優秀なパイロットとして尊敬もしています。
なにせ自分が『適正大いにあり(゚∀゚)』って書きましたしね!
たまに岐阜基地でこっそりとT-4を飛ばす時も先ずやるのはもちろんバレルロール。これはここの夫婦のお決まりとなっている模様です。


猫の日あれこれ2

Sな人

三笠「敷地内で野良猫を見かけるんだけど全然写真が撮れるところまで近寄れないのよね」
香取「それは絢音が殺気を駄々漏れにしているからでは?」
三笠「香取さんに言われたくない」←真顔で

そして数日後

香取「おい、敷地内の野良ってこいつ等か?」←何故か複数形

何故か香取さんの足元でスリスリしながら纏わりついている野良猫達

三笠「……解せない」

猫に好かれるS部隊のお兄さん



僕の人魚姫

真子「見て見て、今回は猫カフェの特集で猫ちゃんと写真を撮ってもらったの♪」
田宮「可愛いねえ」

目は真子ちゃんしか見てない

真子「私じゃなくて猫ちゃんをちゃんと見て~」
田宮「見てるよ。猫さんを抱っこしている真子さん可愛いね」←あくまでも中心は真子ちゃん

周囲は砂吐きゲロゲロ状態
ここはいつもこんな感じ



空と彼女

小春日和でお外でお昼寝中。
二人を遠巻きに野良猫が見守ってます。

社「……」
姫「重たいですってば、足が痺れてきましたよ!」
社「……」

ここの猫は超大型なくせに甘えん坊な猫らしいです(▼∀▼)ニヤリッ
猫の日だろうが何のだろうがいつもこんな感じ???



空を感じて

風花「(*´Д`*)」
羽佐間「(*´Д`*)」

二人して猫カフェに入り浸る

風花「あ、羽佐間さん、猫ちゃんの毛が」

服に着いた毛を取る。

羽佐間「あれ、風花ちゃん、白髪……」
風花「ええええええ?!」
羽佐間「猫の髭だった」
風花「それはそれでビックリ (・ ・)」






猫の日あれこれ

恋と愛とで抱きしめて
番外小話①
【にゃおちゃん研修中】二月二十二日は猫の日らしい


俺の彼女は中の人

佐伯「あ、杏奈さんからメール来た……プッ」
寺脇「どうした? ……なんと」

杏奈さんが圭祐さんに送ってきたのはマツラー君の写真。
足元で猫ちゃんに爪とぎをされて困っている模様。
そして何故か頭の上にも猫ちゃんが。

そして広報サイトには

■本日のマツラー君■
マツラー君「た、たすけて~~」
マツラー君は猫ちゃんにも人気です。


彼と私と空と雲

基地に紛れ込んだニャンコが葛城さんの乗る予定にしていたイーグルの翼で日向ぼっこ。
そんな写真をワンホースが撮ってきました。

葛城「最近よく見かけるんだよな、こいつ。まあ日当たりが良いから仕方ないのか」
優「こんなに近くによって逃げないの?」
葛城「もう顔なじみだしなあ」
優「羨ましすぎる!! 私も行きたい」
葛城「お? めずらしく自分から乗りたいとは意外だな槇村さん」
優「ちがーう、猫を見に行きたいだけなのーっ!!」
葛城「基地に入れてやる報酬は前払いな?」ニヤニヤ(▼∀▼)ニヤニヤ
優「にゃーーーーーーーっ!!」

お決まりのパターンで以下略


我輩様とバカップル

まこっちゃん「修ちゃん、猫の日が近いからって猫グッズ送り過ぎ!!」
修ちゃん「まこっちゃんだって人のこと言えないでしょ」

ここは毎年猫の日近くになるとお互いに猫グッズを買ってしまうので自宅は猫まみれ。


+++++


まずはお月様旧陸海空三部作+α関連はこんな感じ




うちの子達のバレンタイン in 某部隊

◇Twitter三つ分の呟きネタ◇

バレンタインは奈緒ちゃんと壁さんが遭遇した日(奈緒の誕生日)←

なので色々と部下からあれこれ探りを入れられる憂鬱な日なので某部署では信吾さん権限で緘口令が発動中。一回ごとに腕立て伏せが10回増えます。そして部下に喋らせてはペナルティを課してほくそ笑む三匹のオッサン。

部下A「チョコ、あっ」
某オッサンA「三文字だから30回増量な」
部下A「え?!文字数なんですか?!聞いてませんよ!!」
まさに地獄絵図(笑)

+++

緘口令は二月一日〇〇時から二月十五日二三時五九分まで←翌日の探りも警戒

+++

部下の抗議に対して

オッサンA「何言ってるんだ、情報を引き出す為に鎌をかけてくる敵だっているかもしれないだろ、俺達の誘導に乗って口を滑らすようじゃまだまだだな」

それらしいこと言ってますが嫌がらせ以外のナニモノでもない気がw

おまえ、いつもいるな【あの世ルート】

信繁が三途の川を渡ろうとしていると

「ああ、いたいた、源二郎さま!」

いつもの賑やかな声。きりである。

「置いていかないでくださいよ、源二郎さまの行くところ何処までもご一緒しますよって言いませんでした?」

渡し船に乗り込もうとするきりを、渡し賃を払わないと船に乗せられないと船頭が押しとどめる。

「はあ? 何けち臭いこと言ってるのよ、あの世で銭がいるなんて聞いたことないわよ」

でも決まりだからと渋れば

「仕方ないわね、だったらこれで乗せてちょうだい。はい、六文銭替わり(^^♪」

どこから出したのか薄皮饅頭六個。船頭の掌に真田家の家紋のように並べてニッコリ。←そういう問題ではないと言いたげな船頭を無視して船に乗り込む。

またまた何処から出したのか饅頭を頬張りながら、女中として駿府城に忍び込んで大御所様を天麩羅で毒殺っていうのも手だったわよね早まったかしら、などと賑やかなお喋りをし続けて、あの世に到着すれば源二郎が問いただす間も無く船から飛び降りてそこに立っていた人のところへ走っていく。

「お梅ちゃん、久しぶりー、聞いて、源二郎様ったらね、酷いのよ! せめて十年前に……」


真田源二郎信繁、あの世でもまだまだ苦労しそうである。


『#ふぁぼされた数だけうちの子のどうでもいい設定を話すし聞きたい設定があるならリプで質問可』まとめ

【質問】政治家の嫁は秘書様
希望が丘駅前商店街にはいろんなお店がありますが、幸太郎先生は行かないお店とか、実はさーちゃんへのプレゼントを良く買ってるお店とかありますか?

【答え】
学生の頃まではあっちこっち顔を出していたと思いますが政治家さんになって逆に行かなくなってしまったお店が増えたような感じでしょうか。
なので、事務所では経費削減と言いつつも、お祝いの品やお見舞いの品等、地元で揃うものは出来る限り地元商店街で購入しているようです。
なので商店街の店主さん達はそれぞれの家業の分野で庶民的なものから高級品まで詳しいのではないかと思います。
それとさーちゃんへのプレゼントですが宝飾品や身に着けるものに関してはやはり有名どころを利用するのではないかと思います~。


【質問】恋と愛で抱きしめて 24話
信吾さんには 別収入があるかなぁって気になってます

【答え】
最初の結婚で将来の為にと二人でコツコツと貯金した分もあるでしょうし、奥さんが亡くなった後もそんなに使ってなさそう(仕事一辺倒で私生活が無い)でそこそこ貯まっているんだろうなって感じですが、それだけではない気配ですよね。
可能性としては
①実親が死んで弁護士が信吾さんを探し当てて遺産が転がり込んできた
②ある日安住に付き合ってうっかり買ってみた宝くじがとんでもなく高額当選だった
なんですが決めかねてます
気にすんなと言われた奈緒もちゃんと信吾さん用貯金箱を用意してますしお小遣いと称してある程度の金額は無理やり押し付けてそうですね。
奥さんが亡くなってから奈緒と結婚するまでの十年間の某茄子あたりは手つかずで残ってそうです。
最初に奥さんに言われて口座を分けてから真面目にそれを続けてそう。


①彼と私と空と雲
小話で登場したバートレット中佐は、なろうで登場したパトちゃんのお父さんです。
将来は饕餮さんのところで登場したように空母の艦長さんですがこの時はまだ空母艦載機のパイロットさんでした。
この時は既に中佐でかなり偉い人です。この人も飛行機馬鹿。

②恋と愛とで抱きしめて
「水遊び企画2016」で話が出た信吾さんがどうして群長にとどまっているかという話ですが(本来は二年ごとぐらいで変わります)、これまで築いてきた米軍との信頼関係もあり異例な状態で動くに動けない状態です。
上で政治的な駆け引きが展開中ですが信吾さんはどこ吹く風。



③空と彼女・粉モン彼氏
社とパトちゃんは航空祭がきっかけで親しくなりますが、日米合同訓練でも模擬空戦中にお互いに罵り合うぐらい仲良しです←
社「あいつのせいで英語のボキャブラリーが増えた」
姫「悪態やピー音ばかりじゃないですか(ーー;)」


④粉モン彼氏
パトちゃんが所属する空母の航空団には複数の戦闘攻撃飛行隊がおりまして、その中にSmasherと呼ばれているお姉ちゃんパイロットがいます。
ちなみに本名はナタリーなにがし。何を潰してそんな名前になったのか謎です。

恋花事情時点の四幕僚(統合+陸海空)

統合…長沖(元海幕僚長)
陸…如月
海…佐伯
空…神崎
全員最後にkiかgiがつくのです

【小話】恋と愛とで抱きしめて 女子会一コマ

 世の中はまだ夏休みで、子供達が甲府のお爺ちゃんちに泊まりに出掛けているので今夜はみゅうさんと久し振りに二人だけの女子会をすることになった。

 とは言え、お店で飲むと変な野郎が近寄ってきでもしたら追い払うのが面倒くさいし、飲み過ぎた時にどちらかの旦那さんに迎えに来てくれって連絡するのも面倒だからってことで、昼間にあれこれ買い込んでの家飲みってやつだ。

 ちなみに信吾さんはみゅうさんちで門田さんと男子会をしている筈。

「みゅうさんだったら、絶対ここで犯人のことコテンパンにのしちゃいますよね~」

 二人で某テレビドラマ法医学教室の事件簿を見ていると、ラストでヒロインの法医学の先生に呼び出された犯人が、刃物を持って襲い掛かってきたところでそんな言葉が口から飛び出した。 

「なおっち、失礼ね、私だって女なんだからそこまで強くないわよ。……でもこんな優男なら負ける気はしないかも」

 真犯人はヒョロヒョロっとしたお兄さん。みゅうさんなら足蹴の一撃で倒しちゃうそうだな~。

「でしょー? 私はこういう危ないことするのは出来るだけ避けたい人だけど、みゅうさんだったら絶対にこの先生と同じことしてますよね。で、門田さんに叱られるの」
「あのね、うちの旦那は刑事じゃないから」
「でも似たようなものでしょ?」
「体を使うより頭を使う仕事をしているっていつも言ってるから意外と私の方が強かったりして」

 ふふーんと笑いながらみゅうさんはチューハイを飲んでいる。

「でもでも、門田さんも信吾さんと同じで陸自のレンジャーなんでしょ? 元が付くけど」
「なおっちのところのおじさんみたいに毎日鍛えている訳じゃないからね。そうとう錆びついているんじゃないかしら、頭以外は」
「そうなんですか?」

 陸自の人は自衛官をやめても鍛えていそうなイメージがあるんだけど門田さんは違うのかな。

「なおっちの場合は厚労省のお役人と探偵ごっこだろうけど、お役人が男だったら絶対におじさんが首を突っ込んでくるわよね」
「それ洒落にならないですよ」

 前にお世話になった警視庁の刑事さんが何故か不定愁訴外来の患者さんとして一ヶ月に一度か二度やってくるんだけど、そのたびに信吾さんが不機嫌そうな顔をして診察室に押し掛けてくるんだもの、信吾さんのヤキモチには本当に困っちゃう。

 って言うか、どうして診察日を知っているのかも不思議。

 患者さんに対する守秘義務もあるから診察情報やカルテ情報がが洩れているなら大問題なんだけど、パソコンにも手書きのカルテにもそんな形跡はないし、未だに分からないんだよね、信吾さんの情報源。

「こんな風に駆け付けてくれる旦那さんも素敵ですけどね~」

 ヒロインの旦那様は捜査一課の刑事さんで、その刑事さんが間一髪のところに駆け付けて先生を救い出している。

 危険なところを救ってくれるなんてヒーローっぽくて素敵じゃない?

「おじさんが駆け付けたら犯人なんて木っ端微塵で形跡すら残らないんじゃ?」
「それはみゅうさんの方だと思うなあ……」

 そりゃ信吾さんはその辺の人とは比べ物にならないぐらい強いらしいけど。

「そうね、なおっちがこんな危険な目に遭ったら、おじさんが物理的に木っ端微塵にして私が形跡を綺麗に消し去って、うちの旦那がありとあらゆる書類からそいつの形跡を抹消する、うん、完璧ね」
「なに怖いことをサラッと言ってるんですか」

 みゅうさんが言うと冗談とは思えないよ。

 ドラマが終わり、飲み会で散らかしていたお菓子の袋や缶チューハイの空き缶を片付けていると携帯にメールが入ってきた。送り主は信吾さん。

「みゅうさん、信吾さんがこっちにタクシーで戻ってくるから、そのタクシーに乗って折り返せって」
「そうなの? せっかくお泊り出来ると思ったのに」
「野郎二人でお泊りするのは嫌みたい」
「まあ確かにむさ苦しいことこの上ないわね。仕方がないわ、自分の旦那の面倒は自分でみなきゃね」
「久し振りに夜通しお喋りできると思ったのになー」
「それはまた次の機会にしましょ」

 片づけが終わった頃に信吾さんが帰宅して、それと入れ違うようにみゅうさんが帰っていった。

 ちょっとの間だったけど学生の頃に戻ったみたいで楽しかった(^^♪



プロフィール

鏡野@管理人

Author:鏡野@管理人
なろう、ムーンライトノベルズでお話を書いてます

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。