自分用のTwitterアイコン

ニャグレッサー1


ブルーニャンパルス1


Twitter用のアイコンを作りました。元のニャンコは化け猫メーカーさん。背景はフリー素材のお魚さん。



スポンサーサイト

自分用の大きなバナー⑥

今日も青空、イルカ日和

いまいち文字の色が決まらないので暫定ですが反対色っぽいのにしました。書体はフリーフォントのシネキャプション。




【診断メーカー】140文字で書くSSお題

【140文字で書くSSお題】
https://shindanmaker.com/a/320966

・森永信吾さんは『奇跡』をお題に、140字でSSを書いてください。

正直また誰かと人生を共に歩み更には自分の血をひく子供が生まれるなんて考えもしなかった。
新生児室の窓越しに見えるのは未明に誕生した息子と娘。
これを奇跡と呼ばずしてなんと呼ぶ?
その奇跡をもたらしてくれた妻にどう気持ちを伝えたらよいものか。
病室につくまでに何か良い言葉が浮かぶだろうか。


・佐伯圭祐さんは『腰を抱く』をお題に、140字でSSを書いてください。

合同演習が終わりようやく帰国した。
平日にも関わらず多くの家族や関係者が出迎えに来ている。
その中に妻の姿を見つけて彼女の元に急いだ。
抱き締めてキスでもしたいところだがここは日本、何事も控え目が肝要。だからそっと腰を抱くだけで我慢する。
だがその思いが伝わったのか妻はさっと頬を染めた。


・葛城一馬さんは『「お前なぁ……」』をお題に、140字でSSを書いてください。

最近の嫁は戦闘機に関しての質問が某カメラマンのようにマニアックなものになっている。
さすが俺の嫁と誇らしい気持ちになるが飛行機嫌いは相変わらずだ。
歩み寄る気持ちは無いのか?と尋ねても「これ以上歩み寄れません」と素っ気ない返事。
お前なあ……俺が那覇基地に配属になったらどうするんだ?


・榎本雄介さんは『何も聞こえない』をお題に、140字でSSを書いてください。

今日はちはるが機長として初めて離陸する日だ。
見送る俺に操縦席の窓から手を振るのが見えた。
男社会のここで女性機長ともなれば風当たりも強いし余計な讒言を吹き込む奴もいる。
だが彼女はそんなくだらない言葉は聞くつもりもないし何も聞こえないとニヤリと笑いながら言っていた。
まったく大した嫁だ



#夜眠れないときのうちの子の行動

【信吾さん】
静かにベッドを出て専門チャンネルでネイチャーもの視聴。
毎日いやというほど見ているのでミリタリー系のドキュメントは見ないと思います。

【佐伯さん】
ひたすら杏奈さんの寝顔観察。
その顔を見たら間違いなく砂をゲロゲロしちゃうぐらい甘い顔してそう。

【葛城さん】
ひたすら優さんにすりすりはぐはぐ。
それでも頑張って寝ていられる優さんもなかなかのツワモノです。

【榎本さん】
ベッドから抜け出して昔の映像もしくは昔の映画視聴。
自分の飛んでいる映像などそっち系を観られるようになるまでは二十年近くかかりました。

【渉君】
美景ちゃんにちょっかい出そうとして鍋蓋でぶん殴りますよと脅されて諦めて寝る。
ただしよくも脅してくれたなと後日お仕置きが待ってそうですが。

【篠塚さん】
眠れないことがない。
たとえ目が覚めていてもじっとベッドで体を横にしていそうです。

【幸太郎先生】
さーちゃんの寝顔を眺めながら悪戯を始める。
目を覚ましたさーちゃんが本当に眠いかどうかで以後の行動が決まる。

【海藤部長】
お子さんが小さい頃はのぞきに行って幸せをかみしめながら愛海のところに戻って安心して寝る。

【霧島】
ここも眠れないことはなさそう。
ただし結花先生がモソモソしたら目を覚ます感じ。

【幸人君】
こっそり起き出して医学書を読みふける。
睡眠は大事だからと寝ている繭子さんを起こすことはしません。


※この人達は嫁が起きた時点で
 お察しの展開が待っていそうです(,,> <,,)



【奈緒】
医学書を読んでいようかなと起き出した時点で信吾さんに気づかれて以下略。

【杏奈】
眠れないことがなさそう。
寝つきも寝起きも良さそうです。

【優】
ここは葛城さんが邪魔しなければ寝ていられる人だと思う。
つまり眠れないのは葛城さんが原因。

【ちはる】
起き出すと榎本さんも気付くので二人して航空関係番組を視聴。
そしてついつい二人で熱く朝まで語り合っちゃったりします。

【愛海】
寝たいのに寝られない~~と半泣きになる。
そして「羊が一匹~」をやって1000匹ぐらいで力尽きる。

【結花】
無理に寝ることはせずに諦めて怪獣映画を観る。
なにら審議が拗れると徹夜もあるので……。

【繭子】
ひたすら悶々と努力するけど途中で幸人君に気付かれて医学的うんちく云々で以下略。

登場人物相関図その2

あれから人が増えてきたので少しだけ書き足しました

相関図第二号

榎本さんの若い頃の映像の話

Twitterで呟いたものをそのままこっちに持ってきました

+++

ひなた「パパ!ママったら自分ばかり見て私にDVD貸してくれないの!」
榎本「前に見た映画か?もったいないがもう一枚買うか?」
ひなた「ちがうー!パパの現役時代のDVD!(# ゚Д゚)!」
榎本「(・ω・)」←嬉しいけど娘の逆鱗に触れたくないので無表情に徹する

+++

ちはる「けどよくこんなに雄介さんばかり撮ってるの残ってたね」
榎本「葛城の嫁さんがテレビ局の取材で何度か来てたんだ。その時のだな。ああ、この頃はちはるは静浜だと思うぞ」
ちはる「へえええ、自分の目で見たかったなあ」
榎本「俺のことなんてすっかり忘れて呑気に飛んでいたくせに」

+++

ちはる「Σ( ⓛ ω ⓛ )そうだった!」
榎本「はい、これで今夜のフライトはおしまい」
ちはる「まだ続き見たい~~」
榎本「ダメ。榎本三佐、若い頃の俺より今の俺の面倒をみろ」

後日DVDは無事に複製されて母娘の手元に(*^-^*)

+++

葛城「で、お前は嫁が自分の若い頃のDVDを毎晩のように見ていると知ってニヤニヤしながら喜んでるわけか、変態だな(゚∀゚)」
榎本「うるさい、お前にだけは言われたくないぞ」


自分用の大きなバナー⑤

『貴方の腕に囚われて』

貴方の腕に囚われて

『貴方は翼を失くさない』

貴方は翼を失くさない

『貴方と二人で臨む海』

貴方と二人で臨む海


本棚用バナー

マイページ用のバナー

本棚バナー

アルバム用バナー

k_photo.gif

blog用バナー

blog_bn.png




真田美羽について語ってみる

【登場作品】
【ムーンライトノベルズ】恋と愛とで抱きしめて
【小説家になろう】お花屋さんとお巡りさん

私が書いたお話の中で最強の人物です、色々な意味で。

どうしてそんな最強になってしまったのかは正直言って考えていません、恐ろしくて(゚∀゚)
多分お父さん関係の人脈をあの調子で丸め込んで勝手に拝借した結果ではないかと。特命係の杉下さんかよ(゚∀゚)。

幼少の頃から活発なお嬢さんでした。
お花屋さんのお留守番はちゃんとしていたましたが興味があるのはもっぱらお父さんのお仕事関係。
だからもしかしたら警察官になるかもしれないと両親には思われていたかもしれません。
それがまさかの医学部。だけど法医学の道に進みたいと聞いて「やっぱり」と納得されたのは間違いない(笑)

そして外見とは正反対の男勝りなみゅうさんも一つ年下の奈緒と出会ってからは間違った方向に母性本能が爆発したみたいです。本人も奈緒もまったく気が付いていませんけど信吾さんと奈緒が出会うまでにかなりな数の被害者が出たのでは。

信吾さんのことは「おじさん」と呼んでいます。
そして旦那さんになったのは信吾さんの元同期の門田さん。
「こいつのこともおじさんと呼べ」と言われても「私はなおっちより一つ年上だから十六しか離れてないの」と取り合いません。
信吾さんがこの世で勝てない人間の一人。

ただそんなみゅうさんも両親のラブラブっぷりには勝てません。


榎本雄介について語ってみる

【登場作品】
【ムーンライトノベルズ】貴方は翼を失くさない
【小説家になろう】恋花事情・空と彼女

最初は姫ちゃんの上官で社君が乗っているF-2の機付長ぐらいの設定でした。
最初から社の指導教官をしていたと書いているので元パイロットという設定はあったんですが、パイロットからどうして整備員になったのかというところは漠然としか考えてなくて彼と奥さんの話を書くことでしっかりと決めたという感じです。

三十代の時と五十代の時と年齢のこともあるのですが「貴方は翼を失くさない」と「空と彼女」で印象がガラリと変わった人です。
最初は何て言うかハガレンのヒューズ中佐を更にオッサンにしたイメージだったんですけどパイロットの話を書いている時はもう少しスマートな感じになってます。

奥さんとなるちはるとは飛行教導隊に転属となりそこで壁にぶち当たって悩んでいる時に出会いました。
実際どうして自分が選ばれた?という気持ちもあり、本人は自分よりも同期の葛城の方が相応しいのでは?と悩んだりもしていた模様(実際、日下部三佐はここの連中を根こそぎと思っていたふしがあります)。

実家は小松基地の近くで小さい頃から飛行隊のイーグルが飛ぶのを眺めていました。
航空学生になると操縦技術だけではなく工学的な知識も学ぶので、本人の努力もあったでしょうがその時に整備員になる基礎が出来上がっていたと思われます。
なので岐阜基地で試作機のテストをしながら再び勉強をしながら「あの時に真面目に聞いておいて良かった(゚∀゚)」と思っていた筈。

イーグルを降りるきっかけとなる出来事ですが事故にするか事件にするか結構悩みました。教導隊に所属していたことと本人がああすれば避けられたのでは?こうすれば良かったのでは?と後を引かないようにするには突発的な事故が一番かなと思いあのようなことに。

ちはるのことは奥さんとして愛しているのは当然ですが優秀なパイロットとして尊敬もしています。
なにせ自分が『適正大いにあり(゚∀゚)』って書きましたしね!
たまに岐阜基地でこっそりとT-4を飛ばす時も先ずやるのはもちろんバレルロール。これはここの夫婦のお決まりとなっている模様です。


プロフィール

Author:鏡野@管理人
なろう、ムーンライトノベルズでお話を書いてます

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター