安住恭一について語ってみる

【登場作品】
【ムーンライトノベルズ】恋と愛とで抱きしめて
【小説家になろう】青いヤツと特別国家公務員

私の作品に登場するキャラクターで読者様に最も愛されている脇役が安住君です。
そのお蔭で【青いヤツと特別国家公務員】では主役扱いとなりました(コイアイとはかなり毛色の違うお話でしたが)。
彼が誕生したきっかけはとあるコイアイ読者様の感想から。その時はまさかここまで人気者になるとは思っていませんでした。

初登場は【恋と愛とで抱きしめて】で信吾さんの部下として。
ここでは既に三十代のベテラン隊員として信吾さんの片腕のような形で若い連中に指導を始めた頃だと思われます。
群でストーキングをさせたら右に出るものはいないとまで言われ、信吾さんの後ろを取れる唯一の隊員。
レンジシャー時代から上官である信吾さんのことはとても尊敬しており(そうは見えないことも多々ありますが)、彼の妻になった奈緒のことも京子ともども非常に大事にしているようです。
その奈緒のせいでよく酷い目に遭っているようですがそういうところは若い頃とあまり変わっていないような(笑)
奈緒の方は安住のことを信吾さんの部下というよりもお兄さんのように思っているようです。

【青いヤツと特別国家公務員】では高校卒業後に陸上自衛隊に入隊し既に数年が経っていて、幼馴染みの京子とそろそろ結婚を?みたいな感じで色々と考えていたもようです。ただ、地元に戻ってくると青いキーボ君に押し込められてしまうのでなかなかゆっくりと考えている暇は無かったようですが。
ただ、この時から上官の信吾さんに付いて行くつもりではあったようで、あのまま京子と仲直りが出来なかったら恐らく別れていたのではないかと思われます。

基本的に礼儀正しく行儀の良い普通のお寺の次男坊。
おちゃらけたことをするのは本当に気を許した相手の前だけで、それも特作に配属されてからは親友である矢野・下山ぐらいにしか見せなくなります。
職業柄か地元に戻ることも少なくなり、戻ってきても実家の家族と桜木茶舗の御隠居ぐらいとしか話をしない感じ。
なので「最近の恭一君は無口になったわね」というのが実家の母親や義姉との会話での定番になっている模様。

京子と仲直りをするエピソードのところで本人も言っていますが、既に陸自のメンバーとの絆が商店街の住人達との繋がりより強くなってきており、商店街はホームタウンではあるものの滞在すると若干落ち着かない気分になってしまうのが現状のようです。
将来的にはなかなか職場のことが話せない部署に配属されることになるので、そういうことを理解してくれる京子が奥さんになってラッキーだった筈。



スポンサーサイト

コメント

Secret

補足

もしかして安住と京子の結婚式って制服だらけなんじゃないかと思ったり。

京子「恭ちゃんとこの同僚さんって制服でくるの?」
安住「だと思うぞ」
京子「だったらこっちも制服でこさせても良い?」
安住「……何はりあおうとしてるんだよ……」
プロフィール

Author:鏡野@管理人
なろう、ムーンライトノベルズでお話を書いてます

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター