『#RTされた数だけ自分の作品の裏話するかも』まとめ

1『窓辺の王子様シリーズ』
山崎君と羽生ちゃんのお話は改稿中なのでちょっと横に置いておいて。
『恋色カレイドスコープ』ですが早瀬君のお相手は当初の予定では美咲ちゃんではありませんでした。
お話には出てきませんが年上の女性。
中学校の時に教育実習に来た先生と、なんて話だったんですが。その片鱗が短編の『窓辺のロミオに愛を?』の最後の早瀬君の心の言葉です。
美咲ちゃんが相手にしてはちょっと大人びた感じの表現になっていることにお気づきでしょうか?
はい、修正するのを忘れていた結果です(ΦωΦ)

2『紅い狼の鎮魂歌シリーズ』
どうせならこっちも出しておきますよ姐御。
あそこで暗躍したメンツですが全員が信吾さんの元同僚です。
他にも何人かいますが今のところ活躍させてやる場所がありません。
トマトを刻む以外にもと言っていた彼は現時点ではカフェのマスターをしています。
ちなみに最近チョロリと出しました。
『旦那様は秘書じゃない』で霧島さんと三ツ矢さんが待ち合わせをしたカフェのマスター。
彼があそこに出てきたトマト以外にもあれこれ刻むのが大好きな人です。

3『政治家の嫁は秘書様』
元々の設定では重光先生は秘書達にいじられるヘタレなワンコ先生じゃありませんでした。
『旦那様は秘書じゃない』ぐらいがスタート地点で超狸で警察にも尻尾を掴ませない狡猾な人の筈だったんです。
それが若い頃を書いたらあんなヘタレワンコに(;^ω^)

4『政治家の嫁は秘書様』『旦那様は秘書じゃない』『梅の実と恋の花』
何処かで書いた記憶があるけど改めて。
重光先生は狸政治家だった。
幸斗君と結花ちゃんは双子の予定だった。
沙織さんは彼等が大人になる頃には既に病没している設定だった。
だから今とは全く別物の話だったのです、はい。

5『梅の実と恋の花』
当初は幸斗君も重光姓を名乗る予定だったんですが、そうなると将来的に「重光先生」が三人同時に発生するという事態に陥ります。
先の話を書く予定は未定でしたが大人になった二人と重光先生が一堂に会したらとんでもなくややこしいってことで母親の旧姓を名乗らせることにしました。
お話の中では母親の旧姓を名乗ることについて幸斗君はもっともらしいことを言っていますが実のところ私の都合ってことですね(▼∀▼)ニヤリッ

6『旦那様は秘書じゃない』
霧島さんはSPではなく捜査三課所属の刑事で重光先生を内定している刑事だった。
結花は政治家ではなく某ジュエリーメーカーの専属モデルだった。
政治家嫁よりも先に出来たお話で今とはまったく違う話だったんですよ(;^ω^)

7『政治家の嫁は秘書様・杉下親子』
幸太郎先生達よりかなり早く結婚した杉下さん、どうしてかなめさんが結花先生とさほど年が離れていないかと言うと、あの当時の幸太郎先生達のおめでたラッシュに奥さんがもう一人欲しいとねだったからです。
ええ、先生には厳しいですが自分の奥さんには弱いんです(ΦωΦ)

8『桃と料理人』
お話の大筋は直ぐに出来上がりましたが最後まで悩んだのが桃香の職業。色々と迷って絞って残ったのが鑑識か科捜研。
相棒の米沢さんを取るか科捜研のマリコを取るか迷いましたが沢口さんが地元なので科捜研に軍配が。

9『桃と料理人』
桃香の両親ですが二人は駆け落ちした後に結婚して暮らしていました。なので探せば桃香の祖父母や親戚はいる筈なんです。
しかし引き取り手が決まらなかったのは両親の死後に押し付け合いがあったのではないかと推察。
桃香が知らないだけで施設の先生は事情を知っている筈です、敢えて言わないだけで。

10『瑠璃色ピアノ』
まだ一話しか書いていませんが、あそこに出てきた佐伯孝臣さんと長谷部瑠璃子さんは『俺の彼女は中の人』の佐伯さんの祖父母です。

11『恋と愛とで抱きしめて』
奈緒の父親である片倉議員はもともと死ぬ予定ではなかった。

12『恋と愛とで抱きしめて』
もうバラしても良いだろうというのを一つ。
片倉議員の秘書である緒方さんは家族共々事故死ということになっていますが実は死んでません。いわゆるアメリカの証人保護法みたいなもので保護されて名前を変えて暮らしています。奈緒は知りません。

13『彼と私と空と雲』
年代的に若干ズレは生じますが葛城はF2開発時のテストパイロットをしていたという設定になっています。
「ちょいと近況をば」で彼が言っている新しく調達された機体というのはF2のこと。

14『恋花事情・海の男とお嬢さん』
茜さんには忍という双子の姉がいてこの数年後、彼女が医学生になった時に何故か海自の潜水艦乗りとお付き合いをするようになります。

15『恋花事情・空と彼女』
社の師匠葛城はF2調達時のテストパイロットでしたが、弟子の社はX2の開発に関わることになります。榎木、水姫が開発の為に引き抜かれ社がそれに引っ張られる感じで。
オタク気質丸出しで夢中な水姫にヤキモチをやいたりして一騒動?な話もあったりなかったり。

16『恋花事情・空と彼女』
つまりX2初飛行の時ですが私ワールドではX2のパイロットが社であの時一緒に並んで飛んでいたF2のパイロットが彼の相棒の羽佐間ってことなります。
実際のパイロットさん御免なさいね(ΦωΦ)脳内妄想ですから許されて(^^♪

17『恋花事情・僕の人魚姫』
ヒロインとヒーローのことでなくて申し訳ないけれど脇に出てくる水嶋彼方さんのイメージは谷原章介さん。
もともとイケボというのが私の中の拘りだったのでお話を書いた当時イケボと思った俳優さんが彼でした。
ちょっと軽い感じとかもなかなか似合ってるなと自画自賛。

18『欠片小話・売切れ御免 八百万商会』
いささかマニアックですがここに出てくる八岐大蛇は列島全土に張り巡らされた防空システムネットワークのコードネームです。あの時に小松原さんと社長さんが裏のお客様へお届けしたのはそれのコントロールシステム一式。

19『お花屋さんとお巡りさん』
もともと真田さんは芽衣さんの相手ではなく、派出所の横に開店することになるパン屋さん(桃香や安住君が立ち寄っているあのパン屋さんです)の奥さんの年下再婚相手として作ったキャラクターでした。

20『お花屋さんとお巡りさん』
芽衣さんのことを階段で突き飛ばしたのは当初は真田さんの元カノさんの予定でした。だけどあまりドロドロしたものにもしたくなくて結局はあの奥さんに。最後まで悩んでいたので所々で元カノさんが怪しそうに見えるのはそのせいです。

21『お花屋さんとお巡りさん』
ノンちゃんの彼氏武藤君、『俺の彼女は中の人』の健人君の先輩さんだったりします。

22『希望が丘駅前商店街』
あそこ一帯の氏神様ですが具体的にはどんな神様か決まっていません。
しかし神社の敷地に妖怪猫が棲んでいることだけは何故か決定事項です。

23『お話全般』
話を書く時は登場人物をイメージしやすいよう俳優さんや女優さん更にはゲームキャラや声優さんなど色々組み合わせて自分の中でイメージキャラクター設定を作ります。ただ読んでいる人には自由に妄想してもらいたいので敢えて表には出しません。今回の彼方さんは例外中の例外ってことで。


スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

Author:鏡野@管理人
なろう、ムーンライトノベルズでお話を書いてます

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター